Top >  低分子フコイダンと高分子フコイダン >  フコイダンは低分子化フコイダン

スポンサードリンク

フコイダンは低分子化フコイダン

ワカメなどの海藻を食べても、ほとんど吸収されずに排泄されてしまうのは、腸には海藻類を吸収する酵素がないため体内を素通りしてしまうからと言われています。モズクもワカメと同様に、そのままではほとんど吸収されずに体外へ排出されてしまいます。
便秘や高血圧等の症状の解消には効果的ですが、期待できません。細胞にのみ作用が有効なため、食道や胃や腸の表面の細胞には内臓には働きかけることができません。
血液の中に取り込まれるほど低分子化されることが必要です。
貝類はもとから海藻を常食するため、海草を低分子化する酵素を持っていることに目をつけて開発がされました。酵素で低分子化すると分子量が500以下になり、最も吸収が裏側からも瞬時に吸収されるほどの小さなにすることができました。
これでフコイダンは腸からも無事に確実に体内に吸収され、内臓を始め身体中に届けられるので、体内のどの部位にガン細胞があっても素晴らしい効果を期待できます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの低分子化について  |  トップページ

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1974

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。