Top >  低分子フコイダンと高分子フコイダン >  低分子フコイダンとは

スポンサードリンク

低分子フコイダンとは

フコイダンを摂取するためにモズクを食べても、モズクに含まれているフコイダンは分子量が大きすぎるので吸収することができません。食べものは、胃腸で細かく分解・消化されドロドロの状態に粘膜から吸収されます。
腸には、フコイダンを分解・消化するための酵素が備わっていないことが問題です。困難ではありませんでしたが、フコイダンに欠かせない「硫酸基」は大変壊れやすいため、加工するとすぐに結合が解けてしまうといった問題がありました。
客員教授で、フコイダン研究の第一人者の秋川研究所の大石一二三博士によると、フコイダンに必要とされる条件は「硫酸基の結合量が13%以上」とのことです。
この硫酸基を分解させずに吸収率も上げる必要があったわけです。
硫酸基を分解させずに分子量を小さくする技術の開発が必要だったのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 高分子フコイダンとは?  |  トップページ  |  次の記事 高分子と低分子フコイダン  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1971

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。