Top >  低分子フコイダンと高分子フコイダン >  フコイダンの選び方

スポンサードリンク

フコイダンの選び方

摂取する際には量はのでしょうか。
フコイダンの摂取量は体格、年齢、病気の程度などによって変わってきますが、少ないと効果が期待できません。
フコイダン商品(ドリンク、サプリメントなどフコイダンの品質と含有量によっても変わってきます。
フコイダンが効能を発揮するには13%以上の硫酸其の結合が必要といわれていますので、フコイダンを選ぶ際の参考にしましょう。
抽出方法によって、硫酸其の結合量13%以上を満たしているフコイダンもあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの低分子化のメリット  |  トップページ  |  次の記事 高分子フコイダンとは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1969

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。