Top >  低分子フコイダンと高分子フコイダン >  フコイダンの低分子化のメリット

スポンサードリンク

フコイダンの低分子化のメリット

抗癌(がん)作用の認められるフコイダンですが、直接患部に接触しなければ効果がといわれています。胃癌、大腸癌などには効果が見られることがわかっています。
問題は部位の場合で、フコイダンが直接触れられないので効果が期待できないといわれていました。
ところがフコイダンを超低分子かすることで吸収率を高めることが可能となり、直接触れる部分以外でも血管を通って、がん、腫瘍患部にたどりつくことが可能になりました。
良質のフコイダンだと体内に吸収されなければ、がん、腫瘍細胞まで届けられないので効果が発揮されません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 低分子フコイダンと高分子フコイダン  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの選び方  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1968

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。