Top >  低分子フコイダンと高分子フコイダン >  低分子フコイダンと高分子フコイダン

スポンサードリンク

低分子フコイダンと高分子フコイダン

フコイダンをするとガンに有効なことが判ってきましたが、1キログラムから摂れないフコイダンを採るには、3キロ以上もの大量のモズクをならず、実際には不可能なことです。技術を使ってモズクからフコイダンを抽出し、液体化や粉末化するという技術の研究によって低分子フコイダンが開発されました。
フコイダンの硫酸基を守りつつ吸収可能な低分子にすることで、元来は高分子のため充分に活用できなかったフコイダンの抗がん作用を体内で存分に働かせることが可能となりました。
期待できませんが、高血圧や肥満便秘解消には有効なので食事に取り入れても良いでしょう。
低分子フコイダンを摂取することで抗がん・抗腫瘍効果が期待できるのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンを選ぶには低分子化  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの低分子化のメリット  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1967

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。