Top >  低分子フコイダンと高分子フコイダン >  フコイダンを選ぶには低分子化

スポンサードリンク

フコイダンを選ぶには低分子化

人はワカメなどの海藻を食べても、ほとんど吸収されずに排泄されてしまいます。
ため、食道や胃や腸の表面の細胞には内臓には働きかけることができません。
血液の中に取り込まれるほど低分子化されることが必至なのはこのためです。分子が20万を超える巨大な多糖類(高分子多糖体という。フコースという糖と硫酸基が結合した硫酸化フコースと、ガラクトースやマンノース、キシロース、ウロン酸などの糖が多数連結しています)で、人間が摂取し歯で噛み砕いて胃で溶かし十二指腸に送りこむときの大きさは約3000~40000分子の大きさと言われていますが、この大きさでは腸では吸収ができません。
これでフコイダンは腸からも無事に確実に体内に吸収され、血液に乗って内臓を始め身体中に届くことができるので、体内のどの部位にガン細胞があっても素晴らしい効果を期待できるようになったのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの低分子化  |  トップページ  |  次の記事 低分子フコイダンと高分子フコイダン  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1966

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。