Top >  低分子フコイダンと高分子フコイダン >  フコイダンの低分子化

スポンサードリンク

フコイダンの低分子化

フコイダン成分は分子量が高分子多糖体で、人にはフコイダンを消化する腸内から吸収率が悪いと言われています。大きさでは喉頭がん、大腸がんのような消化器系の病気のみしか効果が期待できず、他の肺がん、肝臓がんのような病気には効果がないということになってしまいます。
身体全体にフコイダン成分が行き届くようにするためフコイダンの低分子化が行われます。
原因とも高分子のままでは効果がほとんどありませんが、低分子化することで水療法として注目されている還元水よりも高い効果が期待できるようになります。
低分子化は様々な病気に対応するために問題といえます。
超低分子とされる商品のフコイダン分子量は間で効果が見込めるということです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの高分子・低分子  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンを選ぶには低分子化  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1965

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。