Top >  低分子フコイダンと高分子フコイダン >  フコイダンの高分子・低分子

スポンサードリンク

フコイダンの高分子・低分子

高分子多糖類とはガラクトース、マンノース、キシロース、グルクロン酸などの分子が強く結合した壊れにくい分子構造をことを指してます。
フコイダンを低分子化することで、本来吸収されない成分であるフコイダンの吸収を良くしますが、低分子化するということはフコイダンの分子構造を崩して硫酸基の結合が低減されていまうのです。
この硫酸基が13%以上ないと、有していないということです。
フコースと硫酸基の結びつきを硫酸基の結合と呼びますが、低分子化することでこの硫酸基結合を外してしまってはフコイダンの健康作用が発揮されないというこになります。
M細胞は、異物を積極的に吸収する役割を担っていますが、フコイダンは高分子であるがゆえにM細胞にとっては異物とされ吸収されます。
その情報はM細胞の下にパイエル板という免疫司令塔に送られ、そこから免疫を担う細胞に攻撃指令が出されます。
フコイダンは、便と排出されて腸では吸収されず、目立つ働きはないと考えられていました。
ところが、フコイダンは高分子ゆえにM細胞に吸収され、免疫力に影響を与えるという研究結果が報告されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 低分子フコイダン  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの低分子化  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1964

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。