Top >  低分子フコイダンと高分子フコイダン >  高分子フコイダン

スポンサードリンク

高分子フコイダン

フコイダンは多糖体で、糖分子が複数で安定してつながっています。フコイダンは自然のままでは高分子なので、サイズが大きすぎるために腸から吸収されないのです。
そのためフコイダンは水溶性食物繊維とも呼ばれ、便の元となって排泄を促すことで便秘を解消したり、腸内の細菌環境を改善したりする働きもあります。
便秘に効果もあるのです。フコイダンは人の腸管内に留まることで様々な恩恵が腸から血液中に吸収されることができたら、フコイダンの効果が更に発揮されることが期待できます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの抗がん作用の特徴とは?  |  トップページ  |  次の記事 低分子フコイダン  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1962

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。