スポンサードリンク

« 2007年12月29日 | Top2007年12月31日 »

【最新記事】

フコイダンの成分は分子量が高分子多糖体です。大きさでは胃がん、喉頭がん、大腸がんのような摂取したフコイダンが直接接触できる消化器系の病気のみしか効果が得られず、他の肺がん、肝臓がんのような病気には効果がないということになります。
吸収率を良くする為に、身体全体にフコイダン成分が行き届くようにする為にはフコイダンの低分子化が過程なのです。
病気の原因とも効果も、高分子のままでは効果がほとんどありませんが、低分子化することで水療法として注目されている還元水よりも高い効果が期待できるようになります。
フコイダンの分子量を小さくしすぎてフコイダンの機能が失われないよう気をつける必要があります。

スポンサードリンク

フコイダンと癌(がん)のはなし

フコイダンには抗癌(がん)作用があると噂されています。フコイダンとはどういうものなのか?フコイダンの効能、効果を紹介します。