スポンサードリンク

フコイダンと癌(がん)のはなし

フコイダンには抗癌(がん)作用があると噂されています。フコイダンとはどういうものなのか?フコイダンの効能、効果を紹介します。

スポンサードリンク

Top2007年10月 »

【新着情報】

わかめ、昆布などの海藻の表面を覆う「ヌルヌル成分」で、1996年にアメリカで発表...

免疫力とは病気に対する抵抗力です。免疫力があれば生活習慣病など病気の予防になり、...

フコイダンは、モズクや表面にヌメリ成分(ヌルヌル成分)で、海藻類全般に含まれる硫...

フコイダンなら癌(がん)に効くとは限りません。分子の大きいフコイダンでは腸管で吸...

フコイダンの持つ作用のまとめです。フコイダンの盛る作用とは、代表的なものは、アポ...

フコイダンには免疫力を高め、更に血液中に存在するナチュラルキラー細胞(NK細胞)...

フコイダンの作用として、 コレステロール上昇抑制作用、血糖上昇抑制作用、中性脂肪...

フコイダンの品質は原料だけで決まるわけではなく、多にも注目すべき点があります。 ...

フコイダンの抗がん効果の要である硫酸基とは、文字どおり硫酸の基になる成分です。裏...

免疫とは、自分と異物を認識して体内に侵入してきた病原菌などの異物を体外に排除する...

フコイダンの免疫力アップの作用が注目されています。免疫力が低下すると、元気がでな...

フコイダンには免疫力を高める効果があると言われます。 外から体の中に入って悪さを...

昆布、メカブ、モズクなどの海草類に含まれるヌルヌル成分のフコイダン。 血圧降下や...

硫酸基とは、硫酸の基となる成分で、怖そうな名前の割りに実は単体では無害な成分です...

フコイダンとは、モズク、コンブ、ワカメ、メカブなどの海藻の表面に見られる粘着性の...

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo