Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンの抗がん作用の特徴とは?

スポンサードリンク

フコイダンの抗がん作用の特徴とは?

フコイダンの抗がん作用については、ヌメリの成分である硫酸アミノ多糖類にはもともと本体を汚れや細菌から守り、傷ついた部分を速やかに修復する働きがありますが、がん細胞に対しても同じ働きをしてくれるのです。原因は、発ガン物質、発ガンウィルス、食生活などによってDNAが傷つけられて正常細胞がガン化すると考えられています。
がんが作る免疫力の多くを受け持つ腸管免疫を上げ、フコイダン摂取を継続することで免疫力自体を上げる効果があります。
養分を吸い取って勢いをつけて増殖転移をするがん細胞に対抗できるほどになるには時間がかかってしまいます。フコイダンは免疫力自体を上げながら、フコイダン自体が吸い寄せられるようにして素早くがん細胞に近づいていってがん細胞にアポトーシスをさせます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコダインのがん代替療法について  |  トップページ  |  次の記事 高分子フコイダン  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1961

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。