Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコダインのがん代替療法について

スポンサードリンク

フコダインのがん代替療法について

がん治療においてアガリクスやメシマコブ、AHCCは、マクロファージを強化することによって癌細胞を攻撃させるというもので、がん細胞に働きかけることはできません。
がん細胞と正常細胞を戦わせるシステムで、フコイダンの効果は従来の代替療法とは大きく違います。
フコイダンはアガリクスなどと同様に正常細胞を強化しますが、がん細胞に働きかけて、がん細胞をアポトーシスする作用が今までに見られない画期的で働きといえます。
新生血管抑制作用も効果がありますが、必須アミノ酸もがん治療の効果を高めます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの抗がん効果  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抗がん作用の特徴とは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1960

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。