Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンの抗がん効果

スポンサードリンク

フコイダンの抗がん効果

がん治療ではフコイダンは即効性が期待されています。がん細胞は分裂を繰り返す過程で大量の糖を必要としますが、栄養を大量に必要としているにもかかわらず、フコイダンに栄養供給を阻害されればエネルギー源を失ってしまいそれ以上生きていけなくなるのです。
がん細胞はマトリックス分解酵素(MMP)と呼ばれる細胞外基質を分解する酵素を分泌して、コラーゲンなどの細胞外基質タンパク質を分解する糖を利用することでがん細胞は増殖して、部位へ転移・浸潤していきます。
こうして体内に糖分は所に引き寄せられて栄養分を吸い取られるようになります。
部位に糖分が集中するようになるのです。
ため、フコイダンががん細胞に即効で作用することが出来ます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとガン  |  トップページ  |  次の記事 フコダインのがん代替療法について  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1959

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。