Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンとガン

スポンサードリンク

フコイダンとガン

フコイダンの取れるモズクやメカブ、昆布などの海藻類の中には、カルシウムや沃素などのミネラルやビタミンなどの栄養源が多く含まれていますが、その他に、アルギン酸がコレステロール吸収抑制作用、ラミニンの血圧降下作用などが注目を浴びています。成分がフコイダンで、乾燥重量の4%含まれています。
このがんの抑制効果は目覚副作用のない抗がん剤と言われ注目されています。
抗がん剤はがん細胞にダメージを与えますが正常細胞にもダメージを与え、激しい副作用に苦しみます。
副作用の起こらないフコイダンの抗がん効果に期待が集まっています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと抗がん作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抗がん効果  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1958

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。