Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンの血管新生

スポンサードリンク

フコイダンの血管新生

がん細胞が成長して、一定の大きさになると血管から「自分専用の血管」を作って、成長を続けます。
がん細胞が行なうのではなく、がん細胞が「サイトカイン」という情報伝達物質を分泌して、細胞に血管作りを命令するだけで行えるということなのです。
がんになると衰弱して胸水、腹水といった症状がよく見られるのもこの「新生血管」のせいなのです。
新生血管は、ため血液を引き込みやすく、がん細胞は栄養を急激に増殖、成長することができるのです。がん細胞は直径1㎜~2㎜ほどにしか大きくなれないといわれています。がん細胞は免疫システムによって簡単に排除されます。がん細胞がはぼこることを阻止することができるのです。
フコイダンには、がん細胞が出す血管成長因子という新生血管を作らせる物質の働きを妨害する働きがので、新生血管を作らせないといわれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンのがんアポトーシス作用とは?  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抗がん作用の力  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1954

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。