Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンのがんアポトーシス作用とは?

スポンサードリンク

フコイダンのがんアポトーシス作用とは?

フコイダンがガン細胞に自ら自滅するように指令を送ってガン細胞自身を消滅させることです。
アポトーシスとは、いくのにスイッチともいうべきもので、紅葉して落葉することや、尻尾が取れるというように自ら消失するアポトーシスが働いているからです。細胞に生まれ変わって新陳代謝を寿命がつきるまで繰り返しています。
がん細胞はアポトーシスを忘れた暴走する細胞とい止められなかったその暴走を止める働きがあると期待されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンのガン抑制作用とは?  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの血管新生  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1953

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。