Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンのガン抑制作用とは?

スポンサードリンク

フコイダンのガン抑制作用とは?

フコイダンには、アポトーシス作用、免疫力強化作用、血管新生抑制作用があります。
障害によってアポトーシスが起こらなくなった異常細胞は自然死せずに増殖と転移を繰り返すのですが、これががん細胞と呼ばれます。フコイダンはガン細胞をアポトーシスさせる力があると考えられています。
ガン細胞にも同様に働く免疫システム、フコイダンは体内の免疫細胞を刺激して、免疫システムをさせ、免疫を高めます。
血管新生抑制作用は、ガン細胞が増殖のための栄養補給として作り出す即席の血管のことです。
フコイダンには血管新生を阻害抑制する作用があるとされ、ガン細胞に新生血管を作らせる事を阻止して栄養補給させないようにします。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの抗がん作用と新生血管作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのがんアポトーシス作用とは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1952

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。