Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンの抗がん作用と新生血管作用

スポンサードリンク

フコイダンの抗がん作用と新生血管作用

フコイダンの抗がん作用のひとつは新生血管作用です。がん細胞が発生したばかりの段階では、がん細胞に栄養を供給する血管はなく、がん細胞が増殖するために栄養を確保するために、血管に信号を送って補給路として新しい血管を作ろうとします。細胞から新しい血管が伸びてきてがん細胞とつながって血管ができますが、それが新生血管と呼ばれるものなのです。
血管から栄養分を得て盛んに分裂を増殖するのです。
この新生血管は老廃物の排泄にも使われるので、ガンの転移も引き起こします。
がん細胞であっても、栄養補給路を断たれては栄養がられなくなり勢いを失っていきます。フコイダンの新生血管作用が抗がん作用として働くことでがん縮小、撲滅が可能になります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの抗がん作用は免疫強化作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのガン抑制作用とは?  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1951

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。