Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンの抗がん作用は免疫強化作用

スポンサードリンク

フコイダンの抗がん作用は免疫強化作用

フコイダンは自然治癒力を高めて病気を治療する代替医療として注目されています。抗がん作用は免疫力強化作用で、がん細胞に負けないよう抵抗力、免疫力を高めること、たとえがん細胞が発生しても正常細胞が強ければ負けないのです。免疫賦活作用という免疫力を高める事により外敵をやっつける働きがあります。細胞が生まれ変わりを続けていますが、毎日約元に細胞が発生しています。
がんにならないのは体には免疫機能が免疫力が十分に働いていればがんに心配はほとんどありません。免疫力が低くなると、治療の効果もなく、がんや病気でもかかりやすく治りにくくなります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの抗がん作用とアポトーシス  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抗がん作用と新生血管作用  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1950

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。