Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンの抗がん作用とアポトーシス

スポンサードリンク

フコイダンの抗がん作用とアポトーシス

フコイダンの抗がん作用のうちのひとつに、がんに対するアポトーシス作用があります。細胞は毎日新陳代謝によって新しい細胞が生まれては古い細胞が死んで、入れ替わることによって数が一定に保たれているのです。細胞の遺伝子にはある一定の期間が経てば細胞自身が自ら死んでプログラムが組み込まれています。
細胞が自ら死を選んで死んでいく作用のことを医学用語でアポトーシスと言います。
がん細胞はリンパの流れや時に手術によってあちこちに転移し、衰弱させてしまうのです。がん細胞が正常細胞と同様にアポトーシス、自ら消失してくれればがんが治ります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの抗がん作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抗がん作用は免疫強化作用  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1949

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。