Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンの抗がん作用

スポンサードリンク

フコイダンの抗がん作用

「フコイダン」をはじめ海藻類の中には、ヨウ素などのミネラルや栄養が多く含まれています。成分の中のアルギン酸のコレステロール吸収抑制作用、ラミニンの血圧降下作用なども注目を集めています。仲間で、海藻の種類によっても異なってきますが、モズクに特に「硫酸化フコース」「フコース」が多く含まれています。
がん抑制効果は、正常細胞を強化、免疫力強化、マクロファージの活性化、NK細胞の増強活性化などと同時に、がん細胞に対してのみ作用するという特性があります。
がんの抑制効果は特徴的で、副作用もありません。
現在がん治療に使われている抗がん剤は一般的に使われていますが、がん細胞と同時に正常細胞にも多くのダメージを与えて体の抵抗力を低下させてしまうというデメリットがあります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと代替医療  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抗がん作用とアポトーシス  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1948

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。