Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンと代替医療

スポンサードリンク

フコイダンと代替医療

フコイダンは、もずくやわかめ、昆布などの褐藻類に含まれる特有のぬめりの成分で、硫酸化フコースとガラクトースやマンノースなどの糖が多数連結している高分子多糖類、食物繊維の一種です。
このフコイダンがガンなどの病気の治療に効果があるといわれ、代替医療として注目されています。
フコイダンがガン治療に対して有効といわれる理由は、免疫力を増強させることでガン細胞を死滅させることができる、ガン細胞周囲の血管の新生を抑制し、栄養補給を断ち、転移を抑える作用、直接的にガン細胞に対して働き、ガン細胞のアポトーシスを誘導させる作用のためです。
またガン治療のみならず、糖尿病、肝機能障害、花粉症、脳梗塞、ヘルペス、C型肝炎、リウマチなどにも改善効果が認められました。
体の抵抗力を上げることは健康のために大変重要なのですね。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとアボトーシス  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抗がん作用  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1947

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。