Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンとアボトーシス

スポンサードリンク

フコイダンとアボトーシス

フコイダンの免疫力の向上、自然治癒力を高める力だけでなく、ガン細胞のアポトーシスを促進させる働きは作用です。生物が生きていくために遺伝子プログラムによって起こる細胞の自然死のことで、新陳代謝と言われるものです。
一種フコイダンは、正常な細胞には影響せず、ガン細胞だけをアポトーシスさせる働きがあるほどより多くガン細胞にアポトーシス誘導をおこさせること、細胞にはその作用を起こさせないことがわかりました。
細胞にまでダメージを与えてしまう化学療法に比べても画期的な発見です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの抗癌(がん)治療のメリット  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと代替医療  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1946

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。