Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンの抗癌(がん)治療のメリット

スポンサードリンク

フコイダンの抗癌(がん)治療のメリット

フコイダンによる抗癌(がん)治療のメリットとして、副作用の心配がないこと、外科手術をしないこと、正常細胞にダメージを与えることがない(副作用がほとんどない)、ほとんど入院の必要がないこと、経済的負担が少なくてすむ、再発の危険性が低いことなどがあげられます。
現在の西洋医学における癌治療は、外科療法、放射線療法、化学療法を組み合わせて治療を行うことがほとんどです。
この治療法以外に注目を集めている代替療法は、自然の物質を用いた副作用の少ない療法です。
代替療法にはアガリクス、メシマコブ、AHCC、プロポリスなど、代替療法は、人間本来が持つ自然治癒力や免疫力を高めて、NK(ナチュラルキラー)細胞、Bリンパ球、マクロファージの機能を高めて癌(がん)細胞に抵抗、攻撃する働きに期待されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの抗癌(がん)作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとアボトーシス  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1945

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。