Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンの抗癌(がん)作用

スポンサードリンク

フコイダンの抗癌(がん)作用

フコイダンには、「正常細胞に影響を与えずに癌(がん)細胞だけを崩壊させる作用がある」という研究成果が発表されたのは第55回 日本癌学会でした。
臨床報告には糖尿病、帯状疱疹ヘルペス、高血圧、慢性肝炎、アトピー性皮膚炎などの症状の早期の改善の臨床報告も増えてきました。
抗腫瘍(抗癌(がん)作用)作用以外にも、血液凝固阻止、胃潰瘍治癒促進、抗エイズウイルス、抗アレルギー、肝細胞成長因子(HGF)の産生誘導などの病気改善に作用が立証されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの癌(がん)に対する作用の特徴  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抗癌(がん)治療のメリット  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1944

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。