Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンの癌(がん)に対する作用の特徴

スポンサードリンク

フコイダンの癌(がん)に対する作用の特徴

フコイダンとは、海藻の中でも褐藻類と呼ばれる茶褐色の種類だけに含まれている、ヌメリの成分である硫酸アミノ多糖類です。
ヌメリには、もともと本体を細菌から守り、傷ついた部分を速やかに修復する働きがあります。
ところで癌(がん)の原因は、発癌(がん)ウィルス、食生活によりDNAが傷つけられ正常細胞が癌(がん)化すると考えられていますが、フコイダンの癌(がん)細胞のみアポトーシス(自殺)へ追い込み正常細胞には影響がないため、病気に効くと言われています。免疫力自体を上げることで、癌(がん)と闘わせて結果を出すという働きのため、癌(がん)に充分に抵抗できるまでに最低でも3ヶ月程の時間がかかるため、回り中から養分を吸い取って勢いをつけて増殖転移をするガン細胞に対抗するにはとても時間がかかります。
寄せられるようにして素早く癌(がん)細胞に近づき攻撃をしかけてアポトーシスさせる働き、まるで理由です。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコダインの癌(がん)代替療法  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抗癌(がん)作用  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1943

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。