Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンと癌(がん)

スポンサードリンク

フコイダンと癌(がん)

フコイダンの取れるモズクやメカブ、昆布などの海藻類の中には、ミネラルやビタミンなどの栄養源が多く含まれていますが、その他に、アルギン酸がコレステロール吸収抑制作用、ラミニンの血圧降下作用などが注目を浴びています。
「フコース」が、癌(がん)に対して有効であることがわかってきました。
目覚しく、副作用のない抗がん剤とも言われるほどです。
抗癌(がん)剤は癌(がん)細胞にもダメージを与える反面、同時に正常細胞にもダメージを与えてしまいます。
フコイダンによる癌(がん)の抑制効果には近年期待が高まっています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの抗がん作用2  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの癌(がん)治療  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1940

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。