Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンの抗がん作用

スポンサードリンク

フコイダンの抗がん作用

0.1ミリの大きさになると転移する能力を持っていると言われるがん細胞。
ガン細胞は体のどこにでも転移するというわけではありません。
ガン細胞が転移を好む臓器は、発症した場所原発腫瘍によって異なりますが、胃がん・大腸ガンの場合は転移、乳がん・乳腺ガンの場合は脳・副腎・肺・肝臓への転移、前立腺ガンの場合は転移を好みといった具合です。
転移先はガン細胞は発症した場所をはなれ、血管の中に入って移動を始ます。
ガン細胞は血管中をさまよい、好発転移部位にたどり着くと、ガン細胞が持っている接着因子によって、進入(浸潤)を試みるのです。
これが転移のメカニズムです。フコダインはガンがくっつこうとしている臓器の表面を覆い(もともとある海草の傷を覆う作用)、ガン細胞の接着を不可能にしてしまいます。
接着できなかったガン細胞はそのまま死滅しやがて老廃物と一緒に体の外に捨てられます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコダインの血管新生作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抗がん作用2  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1938

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。