Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコダインの血管新生作用

スポンサードリンク

フコダインの血管新生作用

がん細胞は一定の大きさになると、近くの血管から「自分専用の血管」を引いて、栄養や酸素を補給して成長を続けることを「血管新生」といいます。この血管新生は、がん細胞が自分自身で行なうのではなく、「サイトカイン」という情報伝達物質を分泌して、細胞に血管作りを命令するだけなのです。
血しょう成分が外にしみ出してしまい、胸水や腹水となって負担となります。
がんになると衰弱して胸水、腹水といった見られるのもこのためです。この血管は、血液を引き込みやすく、がん細胞は栄養を急激に増殖、成長していきます。
がん細胞は直径1㎜~2㎜ほどしか、成長することができないといわれています。
通常がん細胞はいきますが、血管新生をがんが栄養補給路を確保したあとに加速度的に増えていることが分かっています。
がん細胞が暴走を始めるきっかけが新生血管といえるのです。
細胞は、すでに栄養源の補給路を確保していますので、 血管新生 抑制作用はがん細胞の部分にのみ作用し、 正常細胞にダメージを与えることはありません。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンのがんアポトーシス作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抗がん作用  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1937

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。