Top >  フコイダンと抗癌(がん)作用 >  フコイダンのがん抑制作用

スポンサードリンク

フコイダンのがん抑制作用

フコイダンには3つのがん抑制作用があります。
①アポトーシス作用
アポトーシスとは細胞の自然死のこと。すが、障害によってアポトーシスが起こらなくなった異常細胞は転移を繰り返します。これががん細胞と呼ばれます。フコイダンはガン細胞を作用すると考えられています。
②免疫力強化作用
免疫システム、フコイダンは体内の免疫細胞を刺激して、免疫システムを活性化させ、気力を高めると言われています。
③血管新生抑制作用
ガン細胞は増殖のための栄養補給として即席の血管=新生血管をつくり、栄養を集めます。作用があると考えられ、ガン細胞に新生血管を作らせず、栄養補給の道を絶ちます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの抗がん作用 新生血管作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのがんアポトーシス作用  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1935

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。