Top >  フコイダンとは?(フコイダンの効果) >  フコイダンの作用

スポンサードリンク

フコイダンの作用

フコイダンの作用として、
コレステロール上昇抑制作用、血糖上昇抑制作用、中性脂肪抑制作用、抗アレルギー作用、血液凝固阻止作用、血圧上昇抑制作用、潰瘍治療促進作用、抗ウィルス・抗菌作用、抗酸化作用、肝機能向上作用、ピロリ菌感染阻止作用、育毛作用、保湿作用
などの効果が認められています。
作用によって、高血圧、メタボリックシンドロームに代表される肥満などの生活習慣病やアトピー・喘息、花粉症などのアレルギー疾患の改善にも効果を発揮します。
硫酸基結合量が重要で、硫酸基の結合が13%以上であること。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの品質を見極める  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの働き  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1907

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。