Top >  フコイダンとは?(フコイダンの効果) >  フコイダンの成分 硫酸基

スポンサードリンク

フコイダンの成分 硫酸基

フコイダンの抗がん効果の要である硫酸基とは、文字どおり硫酸の基になる成分です。裏腹に単体では全く無害な成分で、人体では粘膜を胃酸から守る働きがあります。
フコイダンは硫酸基を含むという利点が他の多くの多糖類との大きな違いと言えますが、これまでの研究で、フコイダンの中の硫酸基が重要な役割を果たすことが明らかです。
環境に原因がため、海藻から抽出されるフコイダンには硫酸基が含まれていません。
フコイダンの原料とモズクに重金属類などの化学物質が付着している場合、際に、硫酸基を失ってしまう率が高いのです
フコダインを選ぶには硫酸基が13パーセント以上を目安に、原材料と原産国も視野に入れて選ぶことが大切といえます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコダインの免疫力増強作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの品質を見極める  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1905

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。