Top >  フコイダンとは?(フコイダンの効果) >  フコイダンと免疫力アップ

スポンサードリンク

フコイダンと免疫力アップ

フコイダンの免疫力アップの作用が注目されています。免疫力が低下すると、元気がでない、食欲がないなどの体の不調が出ますが、特に風邪、がんにかかっている人は、免疫力が著しく低下して治療や治癒しにくくなってしまいます。
原因には、ストレス、煙草、食生活、老化、そのほか運動不足、肥満、抗がん治療などがあげられます。
疲れも免疫力を低下させるのです。
人はストレスを受けて緊張すると、血管が収縮して緊張度が高まり、血中のブドウ糖やコレステロール、脂肪酸などが増加してストレスに対抗しようとする働きがあります。
ブドウ糖、コレステロール、脂肪酸などが常に多量にあると血液はドロドロと様々な疾病を引き起こします。
免疫力を低下することにつながるので、工夫してストレスを発散したり、リラックスしたりすることが必要となります。コレステロール軽減にフコイダンの作用が注目されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと免疫  |  トップページ  |  次の記事 フコダインの免疫力増強作用  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1903

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。