Top >  フコイダンとは?(フコイダンの効果) >  フコイダンの品質

スポンサードリンク

フコイダンの品質

フコイダンの品質は原料だけではなく、硫酸基結合も注目すべき点になります。
フコイダン製品はモズクを原料としていることが多いのは、モズクはフコイダンを豊富に含んでいる上に均質であるため、そしてフコイダンの含有量が多いために抽出が容易であることなどが理由になります。
有害物質を含んでおらず安全であること、硫酸基を13%以上確保していること、製品中のフコイダン含有量が多いことなどです。
安全性については、有害物質であるヒ素やヨウ素が排除されていることがあげられます。硫酸基13%とは、分子「フコース」と硫酸基の結合割合のことです。
硫酸基結合が13%以上ない有していないとされていますので、硫酸基表示を確認することが必要とされます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの成分の硫酸基  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの抗がん作用  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1930

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。