Top >  フコイダンとは?(フコイダンの効果) >  フコイダンと免疫力

スポンサードリンク

フコイダンと免疫力

フコイダンには免疫力アップの作用があります。免疫力が低下すると元気がない、食欲がないといった体の不調が現れます。免疫力が低下すると効果が現れにくく治癒しにくくなってしまいます。
免疫力が低下する原因は、煙草、肥満、抗がん治療などがあります。
疲れも免疫力を低下させるのです。
コレステロール、脂肪酸などが増加してストレスに対抗しようとする働きがあり、これ自体は自己保存のための働きですが、ストレスを受けていると許容量を超えてしまい、血液中に貯め込まれてしまうことが問題となっています。脂肪酸などが常に多量にあるということは、様々な疾病を引き起こします。
免疫力を低下することにつながるので、工夫してストレスを発散したり、リラックスしたりすることが必要となります。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンと免疫について  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの成分の硫酸基  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1928

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。