Top >  フコイダンとは?(フコイダンの効果) >  フコイダンの生理作用

スポンサードリンク

フコイダンの生理作用

フコイダンの生理作用には、整腸作用、抗腫瘍作用、コレステロール低下作用、対ピロリ菌作用、血液凝固阻止作用、抗アレルギー作用などが認められています。生理作用からアレルギー改善、抗がん作用効果が、ドリンク、サプリメントなどに加工されて注目されています。
副作用もなく、いつ飲んでもかまいませんが、体調のすぐれない方や薬を服用中の方、通院中の方は薬剤師、専門家に相談してからにしましょう。
成分なども含まれている場合が量でフコイダン単体の含有量をチェックしましょう。

スポンサードリンク

 <  前の記事 免疫力とは  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンとモズク  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1921

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。