Top >  フコイダンとは?(フコイダンの効果) >  沖縄のモズクとフコイダン

スポンサードリンク

沖縄のモズクとフコイダン

フコイダン(海藻多糖類)は一種ですが、中でも沖縄・奄美地方のモズクには昆布の5~8倍のフコイダンが含まれ、カリウム、ヨウ素などのミネラルや必須アミノ酸が含まれています。
必須アミノ酸を含む20種類のアミノ酸が、いろいろなタンパク質を作り上げており、その数は10万種類ともいわれています。
沖縄・奄美地方のモズクがフコイダンの含有量、純度など優れていることから、今では90%を占めるまでになったのです。
沖縄では秘訣といえそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの健康作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンと免疫力  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1918

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。