Top >  フコイダンとは?(フコイダンの効果) >  フコイダンの健康作用

スポンサードリンク

フコイダンの健康作用

フコイダンは、コンブやワカメなどの海藻類のヌルヌルした成分に含まれている多糖類で、昔から褐藻類をガンの治療薬として使ってきた歴史があります。
ガンを縮小させる作用や作用、血液凝固を防ぐ作用、コレステロール値、血圧、血糖値を下げる作用、便秘を解消する整腸作用、抗アレルギー作用、胃潰瘍の原因のピロリ菌を減らす抗潰瘍作用、肌の乾燥を防ぎ肌を引き締める美肌効果など、様々な健康・美容効果がいることが解明されています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンのアポトーシス誘導作用  |  トップページ  |  次の記事 沖縄のモズクとフコイダン  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1917

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。