Top >  フコイダンとは?(フコイダンの効果) >  フコイダンのアポトーシス誘導作用

スポンサードリンク

フコイダンのアポトーシス誘導作用

細胞が古くなった場合、古い細胞に自滅スイッチが入り死滅し、新しい細胞が生まれ変わって常に生きているわけです。このように元々DNAに自然に自滅するようにプログラムされた自然死の作用をアポトーシスと呼びます。細胞なら死滅して体外に放出されるのに、このアポトーシスが増殖を繰り返して栄養まで奪い続けて衰弱してしまうのです。
癌(がん)細胞がアポトーシスを起こすなら、癌(がん)細胞も自然死していなくなりますね。

スポンサードリンク

 <  前の記事 まだあるフコイダンの効能  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの健康作用  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1916

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。