Top >  フコイダンとは?(フコイダンの効果) >  まだあるフコイダンの効能

スポンサードリンク

まだあるフコイダンの効能

免疫賦活作用として、摂取されたフコイダンは腸表面近くに存在するM細胞から吸収され、この情報が下に免疫細胞に伝わり、全身に伝達される過程で免疫力が増加します。時にマクロファージを活性化して免疫力を高めます。
抗アレルギー作用はTh2細胞のインターロイキン4生産系を抑制してIgE(免疫グロブリンE)の生産を抑制する働きをします。
抗HIV作用
血管新生抑制は作用、抗酸化作用はフコイダンの抗酸化作用が攻撃を抑制します。
ダイエット効果は腸内でフコイダンの食物繊維をエサにして発酵させる過程でコハク酸などの「有機酸」が生成され、体内で脂肪酸へ運ばれますが、この脂肪酸にはコレステロールや生成を阻害する働きがので、手助けとしても期待が持てそうです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの効能  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンのアポトーシス誘導作用  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1915

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。