Top >  フコイダンとは?(フコイダンの効果) >  フコイダンの効能

スポンサードリンク

フコイダンの効能

フコイダンの効能には抗腫瘍抗癌(がん)作用が有名です。
抗腫瘍抗癌(がん)作用とはアポトーシスへ誘導する作用があり注目されています。
どろどろ血液をサラサラにして血液循環を改善する作用で生活習慣病などの原因を改善する働きがあります。
抗胃潰瘍作用では胃壁への付着を予防し、胃潰瘍や胃癌(がん)の予防に繋がります。
血圧上昇抑制作用はフコイダンが腸管内で塩分を吸収し排泄する働きをフコイダンのカリウムが腎臓からナトリウムを尿中に出すことで血圧を降下させます。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとシーフコイダン  |  トップページ  |  次の記事 まだあるフコイダンの効能  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1914

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。