Top >  フコイダンとは?(フコイダンの効果) >  フコイダンとシーフコイダン

スポンサードリンク

フコイダンとシーフコイダン

わかめ、昆布などの海藻の表面を覆う「ヌルヌル成分」で、1996年にアメリカで発表され衝撃を与えました。
その後、100種類以上の論文が世界で発表され、ガン以外にも、生活習慣病、胃潰瘍、ダイエット、アトピー性皮膚炎などの改善が報告されています。
シーフコイダンにはフコイダン(モズクエキス)だけでなく、ミネラルやアミノ酸も豊富に含まれていることが特徴です。
フコイダンを人は消化することができません。
このため「シーフコイダン」は超低分子化によって吸収性を必須アミノ酸を含む18種類のアミノ酸が配合され健康効果を高めています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの免疫機能向上作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの効能  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1913

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。