Top >  フコイダンとは?(フコイダンの効果) >  フコイダンの中のシーフコイダン

スポンサードリンク

フコイダンの中のシーフコイダン

フコイダンなら癌(がん)に効くとは限りません。分子の大きいフコイダンでは腸管で吸収されずに排出されてしまうのです。すが、癌(がん)細胞への働きは皆無です。そこで分子の小さな超低分子のフコイダン、シーフコイダンが製造されました。
シーフコイダンの原材料は海藻エキス(モズク低分子エキス)、ハチミツ、ビタミンB6、ニコチン酸アミド、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、クエン酸、カラメル、ステビア、保存料(安息香酸アミド、パラオキシ安息香酸ブチル)です。
ずくから採れますが、日本では湾が生息場所です。
オキナワモズクはオキナワだけでなく温暖な海で生息しているためそう呼ばれています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの作用  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンパワー  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1910

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。