Top >  フコイダンとは?(フコイダンの効果) >  フコイダンの作用

スポンサードリンク

フコイダンの作用

フコイダンの持つ作用のまとめです。フコイダンの盛る作用とは、代表的なものは、アポトーシス(細胞自殺)作用、新生血管抑制作用、免疫強化作用の3つです。抗コレステロール作用、血液凝固阻止作用(血栓防止作用)、)、抗HIV(エイズウイルス)作用、抗アレルギー作用(花粉症、アトピー)、血圧調整作用、血糖調整作用、抗菌作用(大腸菌、0-157など)、骨粗鬆症や痴呆症(アルツハイマー病)にも効果があり、鉄イオンの摂り過ぎを防いだり、貧血改善、老化防止、肝臓機能改善などに効果があるとされています。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンの働き  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの中のシーフコイダン  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1909

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。