Top >  フコイダンとは?(フコイダンの効果) >  フコイダンの成分『硫酸基』

スポンサードリンク

フコイダンの成分『硫酸基』

硫酸基とは、硫酸の基となる成分で、怖そうな名前の割りに実は単体では無害な成分です。
硫酸基の特徴は、水分を貯蔵する力です。
ジェルのような状態を作り出す特徴といえます。
硫酸基は、胃粘膜の粘質性の成分でもあるので、フコイダンが胃の中に入ると、同じようなヌルヌル成分と相性が良く、なじみやすいという特長があります。
ためにはどの海藻のフコイダンがフコイダンの研究が進むにつれて、海草の中でも粘着性成分の多いもずくが良いという事がわかってきました。
ずくには硫酸化フコースという成分が他よりも多く含まれていたのです。
成分としてはフコースを中心にガラクトース、キシロース、ウロン酸などです。
ずくには、海藻に比べて5~8倍ものフコイダンが含まれているミラクルシーベジタブルなのです。

スポンサードリンク

 <  前の記事 フコイダンとは?  |  トップページ  |  次の記事 フコイダンの効果  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1900

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。