Top >  フコイダンとは?(フコイダンの効果) >  フコイダンとは?

スポンサードリンク

フコイダンとは?

フコイダンとは、モズク、コンブ、ワカメ、メカブなどの海藻の表面に見られる粘着性のあるぬるぬるした物質に含まれている天然の成分のことです。成分は小石などで海藻に傷が付いた時に傷を覆うようにして細菌が海草の中に入り込むのを防いだり、海面に出てしまった場合にも乾燥から守る役割もいます。
この粘着性成分の中には、アルギン酸、ラミニンなどの成分がこれまでにも注目を浴びましたが、最近になってフコイダンの効果効能に注目が集まってきています。
日の目を見なかったことの理由の1つにフコイダンの成分の中でも1番特徴的で貴重な成分である硫酸基の抽出分析が大変困難だったことが揚げられます。
硫酸化多糖体というのは、硫酸基という成分が結合したものになります。

スポンサードリンク

トップページ  |  次の記事 フコイダンの成分『硫酸基』  > 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://akane.80code.com/mt/mt-tb.cgi/1899

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

         

更新履歴

  • My Yahoo!に追加
  • Add to Google
  • Subscribe with livedoor Reader
  • seo
このページについて

このページは「フコイダンと癌(がん)のはなし」の記事のひとつです。

他にも多くの記事があります。トップページサイトマップもご覧ください。